ハイドロベールとは
  1. トップページ
  2. ハイドロベール(親水性外壁防汚剤)とは
  3. 光触媒との比較
ハイドロベール(親水性外壁防汚剤)とは
  • ハイドロベール(親水性外壁防汚剤)とは
  • 光触媒との比較
  • 汚れ防止の原理
  • テスト工事事例
  • 性能評価
  • 性能・用途
  • 標準工事仕様
  • ハイドロベール(親水性外壁防汚剤)と光触媒の性能比較
  • 工事・お見積りのお問い合わせ
  • 環境と石材に優しい中和洗浄工法。石材洗浄
  • 酸化劣化した外壁アルミパネルの再生・修復。アルミレストア
  • 様々な素材に対応し環境に優しい洗浄工法で再生・修復。外壁クリーニング

光触媒との比較

ハイドロベール(親水性外壁防汚剤)とは、光触媒よりも効果が高く工事費用が安い
雨筋汚れに特化した防汚コーティングです。
二酸化チタンを含まないので、下地へのダメージの心配もありません。
また、1コートなので工事性に優れ、建物外観も変えません。

ハイドロベール(親水性外壁防汚剤)と光触媒の比較表
  ハイドロベール 光触媒コーティング
汚染除去 光触媒と違い紫外線量に関係なく
セルフクリーニング効果がある。
紫外線が当たらない面の
セルフクリーニング効果が
低い場合がある。
再コーティング 光触媒と違い洗浄後
再コーティングするだけ。
剥離後に再コーティングするものも
ある。
ガラス・
アルミサッシの養生
光触媒と違い不要 必要(くもらせる場合がある。)
ブランコ作業 光触媒と違いローラー工事が
できるので問題ない。
専用スプレー機を使用するので
難しい。
乾燥時間
(常温時)
標準硬化時間は2時間
光触媒と違い2時間後に雨に濡れても
問題なし)。
標準硬化時間は5時間
(5時間以上雨に濡れないように
する)。
耐久性 約10年
(サンシャインウェザーメーターに
よる耐候促進試験により3000時間後も
親水性を維持している。
但し、立地条件により異なる。)
約10年
(各社実験値による。
立地条件により異なる。)
塗装面 光触媒と違い塗装面でも問題なし。 原則工事できない。工事する場合は
無機系バインダーが必要。
殺菌・消臭効果* 殺菌・消臭効果無し。 殺菌・消臭効果有り。
洗浄方法 素材と汚れに応じて環境に優しい
洗浄ノウハウがあり洗浄と一体型に
なっている。
他の洗浄業者を使う。分離型。
汚れ除去、洗浄の残留によって
効果を十分発揮できない場合がある。

光触媒は、親水性機能と殺菌・消臭機能を持ち合わせています。
光触媒は、外装だけでなく、内装工事もメインに考えられた商品です。
これに対して、ハイドロベール(親水性外壁防汚剤)は外装の防汚を目的として開発された為
親水性機能のみに特化した商品です。
殺菌・消臭機能を省いた分、光触媒より安く工事が可能なのです。